卵巣のう腫 手術しないで治す

手術しないで卵巣嚢腫を自宅で治す方法をご存知ですか?

MENU

卵巣嚢腫を自然治癒する方法

卵巣嚢腫の治療

このサイトを訪れる人のほとんどが、卵巣のう腫の本当の原因を見過ごしていると思います。それはどういうことか?を順を追ってお話していきたいと思いますが、まずは、こんな質問をさせてください。

 

『卵巣嚢腫(のう腫)の手術をしても、再発してしまうことが多い。』
このことが何を意味していると思いますか?

 

再発するということは、手術では卵巣嚢腫を完治できないということに他なりません。
手術で一旦は治ったように見えても、再び腫瘍が発生する土壌が体に居すわっている
ということです。

 

患者からすると「手術をすれば治る」と信じて、期待して手術に望むものだと思います。なのに、手術後も再発の恐怖とずっと戦わなくてはならないのは、断崖絶壁に立たされているようなもので、いつ後ろから背中を押されて落とされるかわからない心が休まらない状態と同じです。

いったい、どうすればいいのか?

緊急時には手術はとても威力を発揮します。でも、今日明日という緊急性がない場合にも、”安全を期して”という名目で手術が施されることが少なくありません。

 

そんなに簡単に女性の象徴ともいうべき臓器にメスを入れるのではなく、まだやれることがあるのではないか?このページの冒頭で「本当の原因を見過ごしている」といったのは、そのことを指しています。

 

こういう話になると、「では、手術をせず、薬も使わずに完治させ、再発もさせない方法があるのか?」と問われると思います。手術ありきの治療があまりにも常識化しているので、「そんな都合の良い方法があるわけがない!」と思われてしまうのも仕方ありません。

 

しかし、手術もせず、薬も使わずに自然治癒する方法はあります。
それは「命を作る」ともいうべき重大な使命を持つ食べ物に目を向けることです。

 

「たかが食事で卵巣嚢腫が良くなるなんて、、」と言う人もいます。でも、「たかが食事」ではなく、「食事こそが健康を握るカギ」であることは、科学的なデータで実証されています。際立った例を言えば、手術を宣告された悪性腫瘍(ガン)でさえ手術せず完治させる食事療法が確立されているほどです。

 

では、具体的にどうすれば良いのか?その答えは簡単です。
>>>続きはコチラのページで説明しています

 

西洋医療の限界

手術に頼らずに卵巣嚢腫を改善する方法

西洋医療は、急性の病気と救急患者にはとても威力を発揮します。今ある危機をすみやかに改善するためには西洋医療は欠かせません。

 

西洋医療の考え方を簡潔に言うとすれば、病気を根本から治すのではなく、とにかく現在の症状を改善するのが目的です。「早く病名を見つけ、薬を投与する」「原因など考えてはいけない。なったものを治すのが大事なのだ」ということです。要するに対処療法であって、「予防する」とか「健康にする」という発想は、ほとんどないに等しい状況です。

 

しかし、卵巣腫瘍のような慢性のものには、対処療法だけでは解決できないことがあります。効果を出せず、かえって病状を悪化させてしまうこともあります。

 

急性疾患の治療ならともかく、卵巣嚢腫のような慢性疾患の治療にも、根本原因を放置したままの対処療法を主とした目先だけの治療を行う”西洋医療一辺倒”には限界があると言えます。

 

卵巣嚢腫の症状は人によりさまざまですが、食事を見直し体質改善することで、症状をこれ以上進行させないことも、医師から提案された手術を回避することも可能です。貴重な人生を180度変えてほしいと思います。

>>具体的な方法はこちらで説明しています

 

当サイトの概要(別のページで詳しく説明しています)

婦人科検診で卵巣のう腫と診断された時、誰もがまさか自分が?何が原因なの?と思ってしまうものです。卵巣のう腫と診断され病院での治療が始まるとこんな悩みが出てくることが多いです。
・「薬を処方されたけど、症状が全然よくならない」
・「手術を勧められたけれど、手術はできるだけしたくない」
・「医師にホルモン療法をすすめられたけど体への負担が心配」
・「将来、赤ちゃんを産めるのかどうか心配」
・「出血が多すぎてしんどい」
・「生理痛がひどすぎて起き上がることもできない」
卵巣のう腫で悩んでいる人は実はたくさんいらっしゃいます。でも、卵巣のう腫を治療する方法は体に負担のかかるものばかりで、赤ちゃんを産むことを考えたり、副作用のことを考えるとやっぱりちゅうちょしてしまいます。手術になってしまうと術後の心配もあります。悩むのは当然のことです。

 

卵巣のう腫によって出る症状も、ひどい生理痛や過多月経による貧血、立ちくらみなど辛いものが多く、一刻も早く治してしまいたいものです。でも、治療そのものにも不安があるととても憂鬱になってしまうものです。手術しないで卵巣のう腫を改善する方法があったらいいですよね。

 

「ホルモン療法しかないの?手術するしかないの?」。そんなふうに思ってしまうかもしれませんが、卵巣のう腫を改善させることができるのは、なにも手術や化学療法だけではありません。体内から卵巣のう腫の根本原因にアプローチして治療する方法があります。

 

卵巣のう腫は体内に毒素がたまることで発症します。その毒素を体内から取り除き、浄化させてあげればいいのです。体内の毒素を排出させることで自己免疫能力が高まり、自然と卵巣のう腫も小さくなっていきます。また、自然とホルモンのバランスもよくなるため、生理痛や月経過多の症状も軽くなります。体内から浄化させる方法なので肌に潤いが出たり、肩こりがよくなったり、便秘の解消など卵巣のう腫の改善以外にも様々なうれしい効果があります。

 

手術やホルモン療法による卵巣のう腫治療は、副作用や後遺症の心配があります。しかし、この方法は体への負担はありませんし、自宅でできる自然な方法なので無理なく卵巣のう腫の治療に取り組むことができます。