卵巣腫瘍の検査

卵巣腫瘍の検査あれこれ

MENU

卵巣腫瘍の検査あれこれ

 

卵巣嚢腫の診断で行われるさまざまな検査について、詳しく説明しています。

 

超音波検査、MRI検査、CT検査、腫瘍マーカー検査、細胞診などの個々の検査について説明しています。

 

当サイトの運営スタンスに合わないガンに関する検査も含まれますが、一般知識として記載しています。


卵巣腫瘍の検査あれこれ記事一覧

このページでは、卵巣腫瘍の内診に続いて行われる画像診断の中の、超音波検査について説明しています。超音波検査は最もポピュラーな画像診断です。超音波検査は外来でできる簡便な検査超音波検査の特徴を一言でいうとしたら、放射線被曝の心配がなく、造影剤も使わないとても簡便な検査だということができます。超音波検査には2種類あり、おなかの上から調べる「経腹超音波検査」と、膣の中から調べる「経膣超音波検査」とがあり...

このページでは、卵巣腫瘍の内診に続いて行われる画像診断の中の、MRI検査について説明しています。超音波検査よりも精度が高い検査です。ちなみに、MRIは、「Magnetic resonance imaging」の頭文字です。精度の高い情報を得られるMRI検査MRI検査は、卵巣腫瘍と子宮筋腫の区別のためや、腫瘍の中にたまっている液体の性質や、どんなタイプの卵巣腫瘍なのかを知るためにとても重要な検査です...

このページでは、卵巣腫瘍の内診に続いて行われる画像診断の中の、CT検査について説明しています。ちなみに、CTは、「Computed tomography」の頭文字です。CT検査の特徴CT検査は、この検査が登場した時には、卵巣腫瘍を診断するための画期的な検査だったのですが、今では、MRI検査の方が優先されるようになりました。でも、だからといって使われないわけではなく、脂肪成分や骨成分を簡単に判定する...

このページでは、超音波検査などで卵巣腫瘍と診断された場合に行われる腫瘍マーカー検査について説明しています。卵巣がんの診断や治療後の経過観察に不可欠なのが腫瘍マーカー検査です。腫瘍マーカー検査の特徴体に腫瘍ができると、血液中に、たんぱく質などの特質な物質が増えてきます。その物質のことを腫瘍マーカーというのですが、卵巣腫瘍の良性・悪性の判別、タイプの推定、治療効果の判定、再発の早期診断などに役立つのが...