手術 腹腔鏡下手術

開腹手術と腹腔鏡下手術の長所と短所

MENU

開腹手術と腹腔鏡下手術の長所と短所

卵巣嚢腫の手術法にはどんなものがある?」のページでは、
切除する範囲の違いによる手術法(術式)のパターンを
説明しました。

 

このページでは、患部へのアプローチの仕方の違いによる
開腹手術腹腔鏡下手術(ふくくうきょうかしゅじゅつ)
について説明します。

 

卵巣嚢腫の手術といえば、以前は腹部を10cmほど
メスで切開して行う「開腹手術」が基本でした。

 

しかし、近年ではおへその下と下腹部の2〜3カ所に小さな穴を開け、
そこから腹腔鏡と言って、お腹の中(腹腔)を直接観察できる
直径1センチ程の内視鏡(カメラ)や器具を入れて手術する
腹腔鏡下手術が急速に普及しています。

 

[腹腔鏡下手術のイメージ]
腹腔鏡下手術イメージ

 

開腹手術と腹腔鏡下手術の長所と短所を表にまとめてみました。

  開腹手術 腹腔鏡下手術
手術の傷 大きい 小さいが、複数になる
麻酔 全身麻酔でなくても可能 原則として全身麻酔
術後の痛み 強い 軽い
入院期間 長い 短い
術後の癒着 多い 少ない
開腹手術の既往、癒着 あっても対応可能 難しい場合がある
手術時間 一般に短い 一般に長い
費用(保険点数) 安い 高い

(長所を赤字で示しました)

 

 

腹腔鏡下手術を行えないケースとしては、
腹腔鏡を挿入するための空間がないくらい大きな腫瘍、
悪性の疑いのある腫瘍、開腹手術を受けたことがある人、
強い癒着が予測される場合です。

 

大きな卵巣嚢腫を小さな穴から摘出することはできませんが、
特殊な器具で内容液を吸引して腫瘍を小さくすれば、
腹腔鏡を使って摘出することができます。

 

腹腔鏡下手術は開腹手術に比べて体の負担が少なく、
傷が小さくて済み、術後の回復も早い、入院期間が短い
というメリットがあり主流になりつつあります。

 

しかし、腸や血管を傷つけることもありますし、
手術の途中で開腹手術に変更になる可能性もあります。

 

そういうことを理解した上で受ける必要があります。

 

なお、術式については、病院または医師によって
手術に対する考え方が異なります。

 

例えば、A病院ではあくまで開腹手術をすすめ、
B病院では腹腔鏡下手術もOK、
といったような違いも実際には生じます。

 

もちろん、患者の希望が優先されるので
医師との相談によって開腹手術か腹腔鏡下手術かの
決定をすることになりますが、

 

どんなに希望しても、かかりつけの病院では
腹腔鏡下手術が受けられない場合があります。

 

次のページでは、そのことについて説明をします。

 

>>次のページ「卵巣嚢腫の腹腔鏡下手術を行えない病院がある?」へ