卵巣摘出 手術 仕事復帰

卵巣嚢腫の手術後どのくらいで仕事復帰できる?

MENU

卵巣嚢腫の手術後どのくらいで仕事復帰できる?

仕事復帰

巣嚢腫の手術後は自宅療養が必要ですが、

どのくらいで社会復帰できるか気になると思います。

 

特に、仕事を持っている人は
休みたくても休めない場合もあり、
仕事復帰できる期間は気になるポイントだと思います。

 

病院のポスターなどに書いてある日数もまちまちなので、
どれが正しいの?と感じてしまいます。

 

個人差がありますし、医師の判断基準も違うので
一概には言えませんが、一般的には、

 

  • 開腹手術の場合、術後2週間
  • 腹腔鏡下手術の場合、術後1週間

とも言われています。

 

だ、卵巣の摘出手術を受けた人では、
完全復活までに1ヶ月かかったというケースが多いようです。
これは、デスクワークのきつい仕事ではなくても言えることです。

 

癒着が強く腸に穴が開いたり、術後に腸閉塞をおこした場合などは、
回復に時間がかかるので、
予定の日数を経過してもなかなか仕事復帰できないこともあります。

 

一度仕事に出たものの、通勤が思いのほかしんどくて、
再び自宅療養をせざるを得ないケースもあるようなので、
術後1ヶ月くらいは社会復帰は難しいと思っておくことで
丁度よいかもしれません。

 

手術に頼らない治療法が広がりをみせている理由は、
術後の仕事復帰の難しさが背景にあるのだと思います。

 

 

卵巣嚢腫の手術も、日々進歩しています。
次のページでは、最新の手術法について紹介したいと思います。

 

>>「最新の手術法」へ