卵巣嚢腫 セルトリ・間質細胞腫瘍

卵巣嚢腫のひとつ「セルトリ・間質細胞腫瘍」とは?

MENU

卵巣嚢腫のひとつ「セルトリ・間質細胞腫瘍」とは?

このページでは、代表的な卵巣嚢腫(7種類)の中の
セルトリ・間質細胞腫瘍」についてその特徴を説明します。

 

これは、「せるとり・かんしつさいぼうしゅよう」と読みます。

 

非常にめずらしい腫瘍で、めったにお目にかからりません。

 

セルトリ・間質細胞腫瘍も、大部分は片側の卵巣にだけ
発生します。

 

卵巣腫瘍の中には、ホルモンをつくるものがあるのですが、
セルトリ・間質細胞腫瘍は、
アンドロゲンとい男性ホルモンを作ります。

 

男性ホルモンが分泌されると、無月経、毛深くなる、
にきび、声が低くなる、クリトリスが大きくなるなどの
男性化の症状が現れるようです。

 

比較的若い女性に発生することが多いようで、
患者さんの90%以上は50歳以下の人だということです。

 

なお、セルトリ・間質細胞腫瘍は、
腫瘍の中に固形成分がある充実性腫瘍のグループに属します。

 

>>次のページ「卵巣嚢腫のひとつ「成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢腫)」とは?」へ