卵巣嚢腫 手術 大きさ

手術の対象になる腫瘍の大きさとは?

MENU

手術の対象になる腫瘍の大きさとは?

卵巣嚢腫だと診断されると、
「どのくらいの大きさになると手術をしないといけないのか?」
ということが気になると思います。

 

このサイトは、手術に頼らないで卵巣嚢腫を治すという
テーマなので、このページを書くべきか迷いましたが、
気になる人も多いと思いますので、
「一般的」に言われていることを書きたいと思います。

 

悪性腫瘍が疑われる場合は大きさに関係なく手術になりますが、
その疑いがなくても7センチを超える大きさの腫瘍は
手術の対象になるのが一般的です。

 

7センチというのは、だいたいテニスボールくらいの
大きさを想像してもらえれば良いかと思います。

 

でも、なぜ7センチなの?
とい点が気になりますが、これには理由があります。

 

まず第1に、7センチ以上の卵巣腫瘍の10%程度が
悪性であることです。

 

第2に、腫瘍に似ているけれども腫瘍ではない「類腫瘍」
と呼ばれるものがあるのですが、
それはほとんど7センチを超えないということです。

 

つまり、7センチ以下だったら腫瘍ではない類腫瘍
かもしれないので、慌てて手術しなくてもいいけれども、
7センチを超えたらほぼ腫瘍だと判断できるということですね。

 

(「類腫瘍」については、「卵巣嚢腫の正しい分類を確認してみましょう!
のページで説明しています)

 

これらのことから、7センチを超えた大きさのものは腫瘍と考え、
悪性、つまり卵巣がんの可能性もゼロではないという考えから
手術の対象として扱われるようです。

 

ただ、7センチ未満であれば手術の対象にならないわけではなく、
5センチくらいの大きさでも、2ヶ月以上経過をみて
小さくならない時は、医師から手術をすすめられることがあります。

 

また、閉経後の場合は、5センチ以上の大きさの場合は、
安全を期して手術をすすめられるケースが多いようです。

 

腫瘍の大きさと閉経前後の違いによって治療・手術方針が
だいたい決められるのですが、一般的なパターンを
図にしてみましたので参考にしてみてください。

 

治療・手術方針の決め方

 

 

>>次のページ「卵巣嚢腫の手術法にはどんなものがある?」へ