卵巣摘出 後遺症

片側卵巣摘出後の後遺症でしょうか?

MENU

片側卵巣摘出後の後遺症でしょうか?

(このページでは、同じ卵巣嚢腫と戦っている人の体験談で、管理人が印象に残ったケースを紹介しています)

 

卵巣嚢腫で左側の卵巣と付属器を、
腹腔鏡下手術で摘出した40代の女性の話です。

 

術後1ヶ月の間に、めまいや頭痛、腰痛があったそうです。

 

その後、術後1ケ月検診で、
問題なく回復しているので大丈夫と言われたそうですが、
症状を伝えて加味逍遥散という漢方を処方してもらったようです。

 

加味逍遥散は、「かみしょうようさん」と読むのですが、
精神不安やイライラなどの精神神経症状、便秘、冷えのぼせ、
頭痛、更年期障害、月経不順などに用いられる漢方のようです。

 

その漢方薬を5日間飲み続けて、めまいや頭痛は落ちついたのですが、
生理痛のような腰痛があり、ロキソニンを飲んでしまったようです。

 

処方された漢方が効かなかったこともあり、
片側だけ卵巣摘出をしても、ホルモンバランスが崩れて、
更年期障害のような症状が出たりするのか?と思ったようですね。

 

その人は産後5ヶ月で、4歳と5ヶ月の2人の育児をしていたので、
今後もずっとその症状が続くのか不安で別の医師に聞いてみたところ、

 

医師からは、なんともいえないですが、通常は片側卵巣を切除しても
反対側が正常であれば更年期障害のような症状がでることはまずないこと、

 

それと、手術自体の影響である可能性はないとは言えないが、
一般的には腹腔鏡手術後にそういう症状が出ることはあまりないと言われ、
主治医に相談するように言われたそうです。

 

結局、面と向かって主治医には相談できなかったようで、
術後2ヶ月後の検診まで様子を見るようにしたみたいです。

 

確かに一般的には、片方の卵巣が残っていれば
体の不調は発生しないと言われていますが、

 

卵巣の病気自体が解明されていない部分もあるので、
卵巣を片方失ったことの後遺症かもしれないと
思ってしまうのも仕方ないことだと思います。