手術しない 卵巣のう腫 治療

手術しないで卵巣のう腫を治療|婦人科では教えてくれない方法

MENU

婦人科では教えてくれない卵巣のう腫の改善法

卵巣のう腫の食事療法

 

このページでは、今、医療分野で存在感を増している卵巣嚢腫の根本原因にアプローチする改善法を紹介しています。

 

少し長いので、ブックマークしてゆっくり読んで頂くことをおすすめします。


卵巣嚢腫の本当の原因は何か?そして改善の方法は?

女性なら誰でも、病気を自分の免疫力で改善させる自然治癒(ちゆ)力を持ち合わせています。普段あまり意識しないだけで、想像する以上人間の体はすごい修復能力を持っています。

 

でも、現代社会の中では本来持っているその力は弱くなってしまい、
それが卵巣嚢腫の発症につながっています。その理由はこの下で詳しく説明しますが、

この力を弱めてしまう最大の原因が、普段の食べ物や生活習慣だということをほとんどの人が知りません。

 

卵巣のう腫の食事療法

体に良いと思っていた食べ物が、実際には間違っていたという経験をしたことがあるかもしれませんが、特に卵巣や子宮といった生殖器官に関しては、一般的に体に良いとされているのに、実際には正反対のものが数多くあります。その結果、気付かないうちに卵巣を守るはずの免疫力を低下させてしまっています。

 

なので、食事を見直すことがホルモンの状態を正常化し、体を浄化し、本来持っている免疫力、自然治癒力を回復させることにつながり、結果として卵巣嚢腫を改善していく良い循環に変わっていきます。

 

⇒自宅でできる食事療法の詳しい内容はコチラです

なぜ食事の改善が効果的なのか?

ホルモンバランスの崩れを防止

ホルモンバランス

卵巣嚢腫が発症する原因は、まだはっきりとは解明されていませんが、女性ホルモンが関係していると考えられています。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、エストロゲンの作用をプロゲステロンが抑えるという形でバランスを保っています。

 

しかし、エストロゲンが優位になることでホルモンバランスが崩れ、卵巣嚢腫などの婦人病を引き起こすのですが、エストロゲンを過剰にさせる最大の原因が何かというと、それが食事と生活習慣だということも分かっています。

体の毒血症の状態を解消

卵巣のう腫の毒血症解消

普段の食生活では、体内に入ってきたものすべてを完全に消化したり、吸収することはできません。なぜかというと、過剰に摂取してしまうものや、消化不良などが必ずと言っていいほどあるからです。それは健康な人でも同じです。

 

問題になるのが、その消化・吸収されなかったものの行き先なのですが、

吸収できずに体内に貯め込まれた「残り物」は”毒素”になります。

 

体は一刻も早くその毒素を体外に出そうとしますが、その時、生殖器官が代理の排泄手段として利用されてしまいます。健康であれば、体の免疫システムがこの異常を見つけて排除してくれるのですが、間違った食事を続けていると、免疫システムが正しく働かず、体に毒素がたまってしまいます。

 

家事で例えるなら、普段なら「あー面倒くっさいなあ!」と思いながらも家事をこなすのに、不規則な生活やなまけグセを続けていると、冷静でまじめな気持ちが働かなくなって、気づいたら、部屋中のゴミ、汚れた洗濯物、放置されて臭いを放つ食器が山のようにたまっているような感じです。

卵巣のう腫は体が毒血症の状態にある

毒素がたまった状態が長く続くと卵巣のう腫を成長させてしまい、さらに、女性ホルモンのアンバランスにもつながり、それがより一層、腫瘍を大きく成長させてしまいます。この悪い循環をストップさせ、体内の毒素を排出して貯めこまない体にするためには、食事が何よりも大切だということになります。

なぜ婦人科では教えてくれなかったのか?

卵巣のう腫の学問

「そんなに効果的な方法なら、なぜ、婦人科の先生は教えてくれないの?」という疑問がわいてくるかと思います。これには理由があって、婦人科をはじめとする先生の多くが、医師免許を取得するまでに勉強するのは、病気に対する治療法、手術、病理学、毒物学、薬理学などです。

ですから、卵巣のう腫を診てもらっても、手術やホルモン治療といった化学療法しか提案できません。食事や生活習慣の改善といった栄養学や予防法を、学んでいる医師がほとんどいないからです。

本当に効果がある方法なの?

食事療法

「病院でも治らなかった卵巣のう腫が、食べ物で改善できるなんて信じられない!」そんなふうに思うかもしれません。

 

しかし、私たちの体は、食べ物をとり込んだ結果、形作られています。口にするものが、全ての源になります。ということは、どんな食べ物を選択するかによって健康な体にもなれば、逆に生理痛に苦しめられたり、病気になりやすい体になることもあるわけです。

 

そういった理論がベースとなって食事療法という治療法が世の中に認知されているわけで、
今ではあのガンでさえ、食事療法で完治させられる治療法が確立されているほどです。

 

生命を維持していくうえで、毎日の食事は欠かすことができないものです。

この「命を作る」という重大な使命を持つ食事に関して、私たちはあまりにも無頓着(むとんちゃく)です。

 

それに早く気づいて、簡単な食事療法によって卵巣嚢腫を改善させた女性たちの顔写真入り、実名入りの体験談ほど説得力のあるものはありません。

 

⇒この方法を実践した女性の体験談を見てみる

 

ほんの少しの勇気があれば、、

手術やホルモン治療など、体に負担をかける方法は本当につらいことです。

「こんな方法があるなら、手術する前に知りたかった・・・」
そんな後悔をしてほしくありません。

 

卵巣のう腫改善

卵巣のう腫を改善することで、悩みのない快適な気分に包まれ、人生はもっともっと素晴らしくなります。貴重な人生が180度変わるはずです。

 

卵巣のう腫を自宅で改善するために必要なもの・・・それは、ほんのちょっとの知識と行動力だと思います。

 

⇒卵巣嚢腫の食事療法の詳細はこちら

 

 

〜追伸〜

このページを読み終わっても、まだ、食事療法で卵巣嚢腫が治るなんて信じられない!という気持ちが残っているかもしれません。

 

病気になったら医療に頼るのが普通の考えなので、その常識と違うことを言われれば、だれでも信じがたいと思います。

 

でも、今や医者も「クスリは病気を治せない」とはっきり認めています。
つまり、医者も病気を根治させることはできないということです。それでも、人は病気になると病院に駆けつける。医者にすがる。そして、妄信したばかりに不幸な結果になる、、。ということがあるわけです。

 

こんな事例がありました。

イスラエルで病院がストをしたら、国民の死亡率が半減した。そして病院が再開したら元に戻った。現代医療は人類の半分を「殺して」いると。。
文章の引用ですので乱暴な表現もありますが、この驚愕エピソードを胸に刻むべきことのように思います。

 

もしかしたら、医療を敵視してるとか、全否定しているように感じるかもしれませんが、そういうことではありません。緊急を要する場合には、現代医療は威力を発揮します。ただ、医療では根治できないことが多くあると言うことです。再発を伴う卵巣嚢腫のような慢性病は特にそう言われています。

「現代医療は9割の慢性病に無力である。治すどころか悪化させ、死なせている。」と言っているアメリカの医者がいるほどです。

 

たかが食事と軽く見られがちですが、50年前にだれが食事でガンを治せることを信じたでしょう?それが今ではガン治療の食事療法が確立しているくらい医療にも浸透しています。

 

食事療法は病院に行かずに治す療法で、体の根本から治癒効果を発揮します。そのうえ、お金はかからず、だれでもできて、楽しくて、さらに副作用はゼロです。これだけに頼るのが不安であれば、病院治療と並行して取り組むことでも良いと思います。

 

やってみないことによる損失は、気づかないだけで世の中にごまんとあります。病気も同じです。

 

本当に卵巣嚢腫を改善したいのなら、まず試してみるという前向きさが大事です。宝くじを当てたいのに、どうせ当たらないだろう!と買わずにいる人がいますが、宝くじを買わなければ、絶対に当たらないのと同じです。

 

ぜひ、明るい笑顔につながる勇気ある一歩を踏み出してほしいと思います。

 

食事療法の詳細はこちらです

 

 

※このページをブックマークして、後から読み返していただけると幸いです。

 

 

 

この教材の「良いところ」、「ちょっと残念と思った部分」、「オススメできない人」について、こちらのページでまとめてみました。