卵巣嚢腫 用語

け - 卵巣嚢腫にかかわる用語集

MENU

「け」で始まる卵巣嚢腫にかかわる用語

茎捻転(けいねんてん)
卵巣と子宮は、固有卵巣索というひも状の組織でつながっています。その固有卵巣索が、卵巣腫瘍の重みによって子宮から少し離れたところでねじれてしまうことを言います。茎捻転が起きると突然かなりの激痛に襲われ、吐き気、出血を伴い、場合によってはショックで意識不明になってしまうこともあります。ねじれが強いと卵巣へ血液が送られなくなり卵巣が壊死する危険があるため、緊急の手術が必要になることもあります。 茎捻転は一応どのサイズの腫瘍でも起こる可能性がありますが、やはり、ある程度以上の大きさ(5〜7センチ以上)になると起こりやすくなります。

 

月経
子宮内膜は、卵巣から分泌される女性ホルモンの影響を受けて、厚くなったり、剥がれ落ちたりします。はがれ落ちた内膜と、はがれる時の出血が一緒になって膣から出てくるのが月経です。