卵巣嚢腫 用語

ら - 卵巣嚢腫にかかわる用語集

MENU

「ら」で始まる卵巣嚢腫にかかわる用語集

卵胞嚢胞
卵胞は卵子を入れている部屋です。排卵の直前に最大になり、時には4〜5センチの大きさになるため、良性の卵巣嚢腫との区別が必要になります。卵巣嚢腫と違う点は、しばらくすると小さくなってしまうことで、2〜3か月後に再検査をすれば、消えています。症状は特にありません。

 

卵巣浮腫(らんそうふしゅ)
卵巣組織が水分をふくんでむくんだ状態になって大きくなる病変です。若い女性に多く、時には30センチを超える大きさになり、多くの場合腹痛を訴えます。

 

卵巣過剰刺激症候群
強力に排卵誘発をした時に、卵巣が大きくなると同時に胸水や腹水がたまる状態です。