卵巣嚢腫 用語

し - 卵巣嚢腫にかかわる用語集

MENU

「し」で始まる卵巣嚢腫にかかわる用語

腫瘍(しゅよう)
新生物ともいいます。正常な細胞より早く増える細胞のために、異常に成長する組織のことです。体の中のさまざまな器官に発生し、はっきりした塊を作ることが多いです(ただし、白血病のような血液の腫瘍は塊を作りません)。良性腫瘍と悪性腫瘍、さらに良性と悪性の中間の性質をもつ境界悪性腫瘍に分類されます。

 

充実性腫瘍(じゅうじつせいしゅよう)
腫瘍の中に固形成分があるタイプのものです。固形成分が腫瘍全体を占めていることもありますが、多くの充実性腫瘍では固形成分が液体成分と共存しています。充実性腫瘍には良性のものもありますが、約7割は悪性です。悪性腫瘍はすべて充実性です。

 

子宮内膜
子宮の内面を覆っている粘膜のことを指します。子宮内膜が剥がれ落ちるのが月経です。

 

ジェノゲスト(商品名:ディナゲスト)
内服するとプロゲステロンに似た作用を示す、新しい子宮内膜症の治療薬です。排卵と卵巣でのエストロゲン産生をおさえ、子宮内膜細胞の増殖を抑える働きがあります。